今夏から添付文書廃止

スポンサーリンク

政府は今夏から、医療用医薬品の添付文書に記載されている用法・用量などの情報を原則として電子化し、インターネット上で提供する。デジタル化の一環で、紙の添付文書は廃止する。

このため、2019年11月に成立した改正薬機法は、添付文書の電子化を盛り込み、医師や薬剤師ら医療従事者だけでなく、一般の患者らも最新注意事項などをインターネットで確認できるようにした。8月1日から施行される。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする