未分類一覧

NO IMAGE

尾崎豊の「誕生」

俺の時計の針がちょうど午前零時を指した過ぎ去る時は新しい日の中に消え去ってゆく訳もない涙が溢れそっとこぼれ落ちる分からないものが俺の全...